江戸川区総合文化センター

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問い合わせ 03-3652-1111 開館時間:8:30~22:00

イベント詳細

サポーターズ・クラブのご案内

チケット購入方法

オンラインチケット予約

  • 概要
  • プロフィール

人間国宝◇四世 梅若 実 玄祥(うめわか みのる げんしょう)

観世流シテ方 日本藝術院会員 梅若六郎家56世現当主

1948年 東京生まれ。1951年 能『鞍馬天狗』子方にて初舞台、1979年 梅若六郎家当主継承。1988年 伍拾六世梅若六郎を襲名。2007年 日本藝術院会員拝命、2014年重要無形文化財(各個)指定保持者(人間国宝)認定。
2008年 徳川初期に活躍した梅若家中興の祖である九郎衛門玄祥の名を後世に残すため、345年ぶりに名跡復活、梅若六郎改め五拾六世 二代 梅若六郎玄祥を襲名。
2018年2月16日 、亡き父に三世 実を追贈し、梅若家の名跡 四世 実を襲名。
古典は基より能の復曲、新作能の上演に出演・演出するなど現代に生きる古典芸能としての能を支えている。海外への能の紹介にも意欲的に取り組み、各国に招聘されるなど、能の普及を努めている。

解説◇松山 隆之(まつやま たかゆき)

昭和50年生まれ
公益社団法人 能楽協会 正会員
能楽シテ方 観世流 準職分
公益財団法人 梅若会 評議員
緑翔会 主宰

四世梅若 実玄祥師(日本藝術院会員・人間国宝)に師事。
父に松山 隆雄(重要無形文化財総合指定保持者)。
2歳に能「鞍馬天狗」の花見稚児にて初舞台を踏む。
これまでに「石橋」「猩々乱」「道成寺」「翁」など多数の習い物を披き、
通年、国内公演に多数参加。また、数々の海外公演にも参加している。
舞台活動の他、多方面に亘る講演(寺院・百貨店・施設ボランティアなど)や稽古事の指導にも積極的に従事し、
近年、江戸川区を中心に児童・生徒に向けた公演・講演に尽力中。
東京都江戸川区在住(神奈川県相模原市出身)

写真◇山口 宏子(やまぐち ひろこ)

能楽写真家協会会員

ページトップ