江戸川区総合文化センタートップページへ

伝統芸能を味わう

イベントレポート

【イベントレポート】第148回江戸川落語会

【「第148回江戸川落語会~熱狂☆新作落語の会~」の様子をご紹介いたします】 2022年3月15日(火)小ホールにて 「第148回江戸川落語会~熱狂☆新作落語の会~」が行われました。 今回は、前座さんからトリの師匠まですべて演者自作の新作落語の会です。 ◇「女子高生の設定」 三遊亭ごはんつぶ 開口一番・前座の三遊亭ごはんつぶさん。 新作落語の担い手・三遊亭円丈師匠の系譜に名を連ねる新星です。 奇想天外なストーリーに惹き込み、会場を爆笑の渦にしました。 ◇「にきび」 瀧川鯉八 初登場・瀧川鯉八師匠。代名詞ともいえる作品の一つです。 感覚を刺激する魔訶不思議な落語は、生でしか味わえません。 客席の空気を自在に操る鯉八師匠、まるでエスパー!? ◇「最後のフライト」 三遊亭白鳥 言わずとしれた新作落語の旗手・白鳥師匠。 笑いのネタを次々と変化球にして客席に投げてきます。 その度につい笑ってしまうお客様、すっかり白鳥師匠のペースです。 ◇「長島の満月」 林家彦いち 新作落語創作団体「SWA」のメンバーでもある彦いち師匠。 盟友・白鳥師匠をネタにすれば一晩中でも話していられるとのこと。 お客様も興味津々でした! ◇「宴会の花道」 春風亭昇太 マクラで、鯉八師匠をはじめとした若手噺家さんにエールを送る昇太師匠。 落語界を背負う昇太師匠の想い溢れる言葉に胸が熱くなります。 噺は終始なんともくだらなく、昇太師匠の真骨頂が発揮されました。 コロナ以降、2年ぶりの小ホール公演。 満席の客席と高座が一体となって、大変盛り上がりました。 白鳥師匠が「新作落語がこんなに受ける時代になったんだなあ」としみじみ仰っていたのが印象的でした。 サムネイルの写真は楽屋の風景です。気のおけない仲間の皆さんで和やかな雰囲気。 ※写真撮影の際はマスクを外し、ディスタンスをとっていただきました。 ご来場誠にありがとうございました。 ...

  • 三遊亭白鳥
  • 小ホール
  • 春風亭昇太
  • 林家彦いち
  • 江戸川落語会
  • 瀧川鯉八

2022年03月21日

  • 三遊亭白鳥
  • 小ホール
  • 春風亭昇太
  • 林家彦いち
  • 江戸川落語会
  • 瀧川鯉八

2022年03月21日

伝統芸能を味わう

演芸専門誌『東京かわら版2月号』に掲載中!

【第147回江戸川落語会~『東京かわら版2月号 特集:追悼 柳家小三治』に掲載中!】 2021年12月14日(火)大ホールにて開催された 「第147回江戸川落語会~柳家小三治師匠を偲ぶ会~」の座談会の様子が 現在発売中の演芸専門誌『東京かわら版2月号 特集:追悼 柳家小三治』に掲載されています。 その中で、「第6回 江戸川落語会~圓楽・小三治二人会~」にて 小三治師匠が急遽トリを務めることになり、お客様が大興奮したという エピソードがありましたので、当時の根多帖を探してみました。 一、「手紙無筆」 橘楽 一、「長命」 五代目 圓楽 一、「がまの油」 小三治 <仲入り> 一、「町内の若い衆」五代目 圓楽 一、「船徳」 小三治 補足1)第6回 江戸川落語会は、昭和61年(1986年)7月11日開催でした。 補足2)東京かわら版の文章中では「短命」となっていますが、根多帖では「長命」。 縁起をかつぎ、サゲにちなんで演題を「長命(ちょうめい)」とする噺家さんも多い。桂歌丸師匠など。 トリの小三治師匠の「船徳」はたっぷり1時間。 きっと楽しい夏の落語会だったことでしょう! ...

  • 柳家小三治
  • 江戸川落語会

2022年02月04日

  • 柳家小三治
  • 江戸川落語会

2022年02月04日

伝統芸能を味わう

【イベントレポート】シネマ歌舞伎

【1月22日(土)「シネマ歌舞伎」の様子をご紹介いたします】 1月22日(土)小ホールにて「シネマ歌舞伎」が上映されました。 歌舞伎座を笑いの渦に巻き込んだ古典落語の傑作『らくだ』と、 十八世中村勘三郎と勘九郎、七之助親子による 歌舞伎らしい華やかな衣装、豪快な毛振りが見どころの『連獅子』の 2本立てでお楽しみいただきました。 「もう会えない役者さんの姿を観ることができ、幸せでした」 「綺麗な映像で楽しめました」 「このご時世遠出はなかなかできないので、近場で上映してくれて良かったです」 「久しぶりに笑いました」 など、たくさんのお言葉をいただきました。 また当日、ホワイエに展示した当時の貴重なポスターも好評でした。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!...

  • シネマ歌舞伎
  • 小ホール
  • 歌舞伎

2022年01月24日

  • シネマ歌舞伎
  • 小ホール
  • 歌舞伎

2022年01月24日

伝統芸能を味わう

【イベントレポート】第147回江戸川落語会

【「第147回江戸川落語会~柳家小三治師匠を偲ぶ会~」の様子をご紹介いたします】 12月14日(火)大ホールにて 「第147回江戸川落語会~柳家小三治師匠を偲ぶ会~」が行われました。 毎年、12月の江戸川落語会のトリを務めてくださっていた 柳家小三治師匠の代演として、柳亭市馬師匠と柳家三之助師匠を迎え、 小三治師匠を偲ぶ会としての開催となりました。 仲入後には「柳家小三治師匠の思い出」というテーマで 座談会が行われました。 それぞれが小三治師匠と縁のある出演者の皆さんです。 弟弟子の柳亭市馬師匠、 小三治師匠の親友だった入船亭扇橋師匠の弟子の入船亭扇辰師匠、 小三治一門の柳家三之助師匠、 孫弟子の二ツ目、柳家小はださん。 (司会進行は、橘家仲蔵師匠) 小三治師匠とのスキーの思い出や、扇橋師匠との楽屋でのやり取りなど・・・。 悲しみの場ではあるものの、そこは落語家さんならではの ユーモアとサービス精神で、会場を沸かせていただきました。 今回はロビーで 江戸川落語会の出演された際の演目一覧と色紙や写真の展示を行いました。 (江戸川落語会には、昭和60年の第2回江戸川落語会をスタートに全29回のご出演でした) 高座からたくさんの笑いを届けていただき 感謝の気持ちでいっぱいです。 小三治師匠、本当にありがとうございました。 そして、寒い中ご来場いただいたお客様、誠にありがとうございました! 来年も、皆様が楽しい落語会に出会えますことをお祈りします。 ...

  • 入船亭扇辰
  • 大ホール
  • 柳亭市馬
  • 柳家三之助
  • 柳家小はだ
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年12月27日

  • 入船亭扇辰
  • 大ホール
  • 柳亭市馬
  • 柳家三之助
  • 柳家小はだ
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年12月27日

イベントレポート

【イベントレポート】第146回江戸川落語会

【「第146回江戸川落語会~一之輔たっぷりの会~」の様子をご紹介いたします】 9月7日(火)大ホールにて 「第146回江戸川落語会~一之輔たっぷりの会~」が行われました。 今回の江戸川落語会は...... 開口一番、前座の古今亭菊一さん。 和尚と珍念のやり取りが微笑ましい「転失気」からスタート。 続いて、江戸川落語会に初登場の桂宮治師匠。 "パワフルな"を体現したような師匠は、 マクラから客席の心をがっちり掴み、熱気のままに本編「つぼ算」へ。 江戸川落語会で初トリを務める春風亭一之輔師匠。本日の一席目。 師匠曰く、「江戸川落語会の創始者、橘家圓蔵師匠がご存命なら (もっとちゃんとした人を呼ぶから)宮治師匠のような人は呼ばないな」 などと仰るので、客席は大爆笑。 圓蔵師匠もきっと舞台袖で大笑いされていたことでしょう! 一之輔師匠の「蟇の油(がまのあぶら)」はなんといってもその描き方。 主人公の悲喜こもごもに、魅力が溢れ出ていました。 お仲入りをはさみ、春風亭正太郎 改メ 九代目春風亭柳枝師匠。 真打になって初めての江戸川落語会の高座です。 表情は輝き、めでたい空気感をまとっていらっしゃいます。 歌舞伎の話がでてくる「七段目」は、 舞台袖から聞こえる効果音で、臨場感たっぷりの演出でした。 そして、トリの一之輔師匠は「不動坊」。 仲のよい男女に、妬きもちをやく男子たちの"ハチャメチャぶり"がたまりません。 気心の知れた本日の出演者の皆さん。 見事なまでの連携プレー!爆笑の連鎖で終演しました。 写真は、楽屋の様子。(宮治師匠がお帰りになった後) ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 春風亭柳枝
  • 桂宮治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年09月10日

  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 春風亭柳枝
  • 桂宮治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年09月10日

学ぶ・参加する

らくごワークショップ参加者のメッセージをご紹介!

今年で15回目を迎える、江戸川区総合文化センター主催の「らくごワークショップ」も発表日を除いて残すところあと1回となりました。 現在、来る8月1日の発表会に向けて猛暑の中、お稽古が佳境を迎えています。 参加の皆さんは小学3年生から60代までと年齢も様々なメンバーです。 仕事に、学業に、家事に育児にと忙しい合間を縫ってワークショップに参加しています。 そんな中、参加者の皆さんが発表会にかける思いや意気込みをメッセージやイラストにしてくれましたのでご紹介します! ※画像はクリックすると拡大されます。 メッセージに添えられた"高座名"は、皆さんがご自身で考えた名前です! 個性溢れる名前が出揃いました。 当日は、舞台の「めくり」にこの高座名をかかげて落語に臨みます! らくごワークショップ2021発表会は、8月1日(日)13:00から小ホールで開催します。 ぜひ、会場で参加者の噺に大いに笑ってください! 皆様のご来場とご声援をお待ちしております!...

  • らくごワークショップ
  • 橘家仲蔵
  • 落語

2021年07月29日

  • らくごワークショップ
  • 橘家仲蔵
  • 落語

2021年07月29日

学ぶ・参加する

らくごワークショップ開講!

7月3日(土)より、全5回のらくごワークショップが始まりました! 小学生から大人まで年齢も様々な、16名の皆さんが参加してくれました。 まず、ワークショップの始まりはお辞儀から。 高座はお辞儀に始まりお辞儀で終わるので、とても重要です。 それから、扇子と手ぬぐいを使った基本の仕草や小道具の見立て方を練習した後、 小噺を覚えながらオチのある話のしかたなどを学びました。 (写真は、仕草のコツを勉強しているところです!) 受講生は真剣に、時には笑いながら落語に挑戦することを楽しんでいました。 人前で話すことは緊張しますが 受講生皆、大変上手に話していたのが印象的でした。 そんなワークショップの集大成! らくごワークショップ2021発表会は、8月1日(日)13:00から小ホールで行います。 どうぞお楽しみに!...

  • らくごワークショップ
  • 橘家仲蔵
  • 落語

2021年07月13日

  • らくごワークショップ
  • 橘家仲蔵
  • 落語

2021年07月13日

イベントレポート

【イベントレポート】第145回江戸川落語会

【「第145回江戸川落語会」の様子をご紹介いたします】 6月28日(月)大ホールにて 「第145回江戸川落語会」が行われました。 今回の江戸川落語会は...... 開口一番、前座の鈴々舎美馬さん。 大ホールいっぱいに響く「金明竹」の早口台詞で、お客様も思わず笑顔になりました。 続いて、弁財亭和泉師匠(三遊亭粋歌 改メ)。 今年の3月に真打昇進披露興行を行った和泉師匠。 披露興行の様々なエピソードを交えた、おめでたい雰囲気から、自作の新作落語へ。 「箱の中」は、日常のアルアルネタが盛りだくさん。ついつい笑ってしまいます。 本日も華やかにご登場の古今亭文菊師匠。 「青菜」で、江戸時代へタイムスリップ。夏の一風景がのんびりと描かれました。 鈴々舎馬るこ師匠は、いつも通りの躍動感あふれる高座。 「八幡様とシロ」は、ユニークなキャラクターの八幡様と犬の掛け合い! シュールですが、いつの間にか物語に惹き込まれてしまいます。 橘家圓蔵師匠の思い出話や「笑点」の裏話で沸かせた林家たい平師匠は、「猫の災難」。 お酒をめぐる江戸時代の庶民のやり取りで、お客様は大笑い。 笑いのネタはいつの時代も変わらないですね。 写真は、演者の皆様がソーシャルディスタンスをとっている楽屋の様子。 ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 古今亭文菊
  • 大ホール
  • 弁財亭和泉
  • 林家たい平
  • 江戸川落語会
  • 落語
  • 鈴々舎馬るこ

2021年07月04日

  • 古今亭文菊
  • 大ホール
  • 弁財亭和泉
  • 林家たい平
  • 江戸川落語会
  • 落語
  • 鈴々舎馬るこ

2021年07月04日

伝統芸能を味わう

HARUKAの"おうちでぶんか"しよ!#2

アナウンサーの森遥香さんが司会のyoutubeチャンネル 「HARUKAの"おうちでぶんか"しよ!」にて江戸川落語会の紹介をいたしました。 門外不出で普段は見ることのできない「根多帳」も今回はちょっとだけご覧いただけます。 (日曜夕方でお馴染み、あの番組のお話も......!?) 江戸川区民にはお馴染みの「あの食材」を使った和菓子もご紹介しております。 是非是非ご覧ください~! ...

  • youtube
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年06月19日

  • youtube
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年06月19日