江戸川区総合文化センタートップページへ

春風亭一之輔

イベントレポート

第150回江戸川落語会 お祝いメッセージ

【「第150回江戸川落語会~おかげさまで150回記念~」のご出演者よりお祝いメッセージをいただきました】 2022年9月9日(金)小ホールにて開催された「第150回江戸川落語会」にご出演された 春風亭一之輔さん、三遊亭兼好さん、蝶花楼桃花さんからお祝いのメッセージをいただきました! マル秘エピソードが盛りだくさん! こちらより、どうぞご覧ください。...

  • 三遊亭兼好
  • 小ホール
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 蝶花楼桃花

2022年10月25日

  • 三遊亭兼好
  • 小ホール
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 蝶花楼桃花

2022年10月25日

イベントレポート

【イベントレポート】第150回江戸川落語会

【「第150回江戸川落語会~おかげさまで150回記念~」の様子をご紹介いたします】 2022年9月9日(金)小ホールにて「第150回江戸川落語会」が行われました。 1985年4月に江戸川落語会が誕生して、今回で150回目。記念すべき回となりました。 ◇「十徳」 三遊亭まんと ◇「ピーチボーイ」 蝶花楼桃花 ◇「粗忽の釘」 春風亭一之輔 <お仲入り> ◇「たがや」 三遊亭兼好 ◇「子別れ」 春風亭一之輔 今をときめく旬の落語家さんが大集合。 盛り上げていただいた春風亭一之輔さん、三遊亭兼好さん、蝶花楼桃花さん、三遊亭まんとさん。 本当にありがとうございました。 そしてご来場いただいたお客様、誠にありがとうございました! 当日は、150回記念として1日限りの特別展「謎解き☆江戸川落語会展」を開催しました。 これまで江戸川落語会にご出演いただいた五代目柳家小さんさん、古今亭志ん朝さん、立川談志さん、柳家小三治さんなどレジェンドをはじめとした150枚以上の色紙の展示、橘家圓藏さんの思い出コーナー、全演目の一覧、そして、落語&謎解きファンに贈る「謎解きコーナー」を展示いたしました。 次は200回を目指して!今後もお客様がお楽しみいただける江戸川落語会を継続して参ります。 ご来場誠にありがとうございました。 一之輔師匠の似顔絵 イラストby兼好師匠 楽屋のお二人。 展覧会の様子。 ...

  • 三遊亭兼好
  • 小ホール
  • 春風亭ぴっかり☆
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 蝶花楼桃花

2022年09月20日

  • 三遊亭兼好
  • 小ホール
  • 春風亭ぴっかり☆
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 蝶花楼桃花

2022年09月20日

イベントレポート

【イベントレポート】第146回江戸川落語会

【「第146回江戸川落語会~一之輔たっぷりの会~」の様子をご紹介いたします】 9月7日(火)大ホールにて 「第146回江戸川落語会~一之輔たっぷりの会~」が行われました。 今回の江戸川落語会は...... 開口一番、前座の古今亭菊一さん。 和尚と珍念のやり取りが微笑ましい「転失気」からスタート。 続いて、江戸川落語会に初登場の桂宮治師匠。 "パワフルな"を体現したような師匠は、 マクラから客席の心をがっちり掴み、熱気のままに本編「つぼ算」へ。 江戸川落語会で初トリを務める春風亭一之輔師匠。本日の一席目。 師匠曰く、「江戸川落語会の創始者、橘家圓蔵師匠がご存命なら (もっとちゃんとした人を呼ぶから)宮治師匠のような人は呼ばないな」 などと仰るので、客席は大爆笑。 圓蔵師匠もきっと舞台袖で大笑いされていたことでしょう! 一之輔師匠の「蟇の油(がまのあぶら)」はなんといってもその描き方。 主人公の悲喜こもごもに、魅力が溢れ出ていました。 お仲入りをはさみ、春風亭正太郎 改メ 九代目春風亭柳枝師匠。 真打になって初めての江戸川落語会の高座です。 表情は輝き、めでたい空気感をまとっていらっしゃいます。 歌舞伎の話がでてくる「七段目」は、 舞台袖から聞こえる効果音で、臨場感たっぷりの演出でした。 そして、トリの一之輔師匠は「不動坊」。 仲のよい男女に、妬きもちをやく男子たちの"ハチャメチャぶり"がたまりません。 気心の知れた本日の出演者の皆さん。 見事なまでの連携プレー!爆笑の連鎖で終演しました。 写真は、楽屋の様子。(宮治師匠がお帰りになった後) ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 春風亭柳枝
  • 桂宮治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年09月10日

  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 春風亭柳枝
  • 桂宮治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年09月10日

イベントレポート

【イベントレポート】第143回江戸川落語会

【「第143回江戸川落語会」の様子をご紹介いたします】 2月24日(水)大ホールにて 「第143回江戸川落語会~笑撃!大ホールで生志・兼好・一之輔・天どん~」が行われました。 新型コロナウィルスの影響により、現在4か月連続で開催中の「江戸川落語会」です! 今回は、「落語協会」から春風亭一之輔師匠と三遊亭天どん師匠、「五代目円楽一門会」から 三遊亭兼好師匠、「落語立川流一門会」から立川生志師匠が登場。 それぞれの流派を背負って立つ看板スターが一同に会しました。 3月上席より二ツ目昇進の林家きよひこさん。 気風のよい口振りでスタートダッシュ。三遊亭天どん師匠に繋ぎます。 天どん師匠は、江戸川に、池袋のハーブの風を颯爽と吹かせました。 そして、一之輔師匠へバトンタッチ。 天どん師匠と一之輔師匠の名物(?)、和気藹々とした絡みがあった後、一之輔師匠は男女の話へ。 純朴な主人公の驚くべき変化に息を飲みました。 兼好師匠は、「前半は乱暴な人たちが続きましたね~」とおどけながら いつの間にか兼好ワールドへ導きます。 長屋の人々がなんて生き生きとしているのでしょう! そして、トリは生志師匠の「文七元結」。 深みのある味わいを醸し出されていました。 お客様から、涙が出ました、というお声もありました。 橘家圓蔵師匠(月の家圓鏡師匠)が目指した「旬の落語家たちをご近所でたっぷり楽しめる会」は 35年以上たった今も、脈脈と受け継がれています。 ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 三遊亭兼好
  • 三遊亭天どん
  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 立川生志
  • 落語

2021年03月03日

  • 三遊亭兼好
  • 三遊亭天どん
  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 立川生志
  • 落語

2021年03月03日