江戸川区総合文化センタートップページへ
2021年07月04日

【イベントレポート】第145回江戸川落語会

イベントレポート

【「第145回江戸川落語会」の様子をご紹介いたします】

6月28日(月)大ホールにて
「第145回江戸川落語会」が行われました。

今回の江戸川落語会は......

開口一番、前座の鈴々舎美馬さん。
大ホールいっぱいに響く「金明竹」の早口台詞で、お客様も思わず笑顔になりました。

続いて、弁財亭和泉師匠(三遊亭粋歌 改メ)。
今年の3月に真打昇進披露興行を行った和泉師匠。
披露興行の様々なエピソードを交えた、おめでたい雰囲気から、自作の新作落語へ。
「箱の中」は、日常のアルアルネタが盛りだくさん。ついつい笑ってしまいます。

本日も華やかにご登場の古今亭文菊師匠。
「青菜」で、江戸時代へタイムスリップ。夏の一風景がのんびりと描かれました。

鈴々舎馬るこ師匠は、いつも通りの躍動感あふれる高座。
「八幡様とシロ」は、ユニークなキャラクターの八幡様と犬の掛け合い!
シュールですが、いつの間にか物語に惹き込まれてしまいます。

橘家圓蔵師匠の思い出話や「笑点」の裏話で沸かせた林家たい平師匠は、「猫の災難」。
お酒をめぐる江戸時代の庶民のやり取りで、お客様は大笑い。
笑いのネタはいつの時代も変わらないですね。

写真は、演者の皆様がソーシャルディスタンスをとっている楽屋の様子。

ご来場、誠にありがとうございました。


145shikishi.jpg


145rakugo.jpg


記事一覧へ