江戸川区総合文化センタートップページへ

大ホール

イベントレポート

【イベントレポート】加藤登紀子コンサート

【9月25日(土)「加藤登紀子 55th ANNIVERSARY CONCERT 2021 コンサート in えどがわ ~時には昔の話を~」の様子をご紹介いたします】 9月25日(土)大ホールにて 「加藤登紀子 55th ANNIVERSARY CONCERT 2021」が開催されました。 「百万本のバラ」や「知床旅情」など、多くのヒット曲を世に送り出している加藤登紀子さん。 昨年開催を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で中止となったため、 待望のコンサートとなりました。 会場に響き渡る、馴染み深い曲の数々を心の中で一緒に歌ったというお客様も多く、 胸に染み入る歌声とお話に、思わず涙してしまう方もいらっしゃいました。 「やっと聴けました。やっぱり生の歌声は格別です」 「楽曲もさることながら、お話が最高でした」 「登紀子さんのお人柄が滲み出ている、とても良いコンサートでした」 など、たくさんのお言葉をいただきました。 また当日は、ホワイエにてポスター展を行いました。 デビュー直後からの懐かしいポスターを前に お写真を撮られるお客様もいらっしゃいました。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました! ...

  • コンサート
  • 大ホール

2021年10月07日

  • コンサート
  • 大ホール

2021年10月07日

えどがわBOXART展

【イベントレポート】日比野克彦 ワークショップ(9/4)

【「第1回 えどがわ BOXART展 関連イベント<日比野克彦ワークショップ>  ~自分とはなにかを考える~」 の様子をご紹介いたします】 「第1回 えどがわBOXART展」に関連して 企画・監修のアーティスト、日比野克彦さんが講師となり <自分とはなにかを考える>をテーマにワークショップを行いました。 2回目(9/4)の様子は・・・ 今回は、大ホールの舞台を使います。 日比野先生から出された指令を、壇上に呼ばれた参加者がリレー方式で こなしていきます。 1枚の長いロール紙を5mに切る。 穴をあける。 丸める。 ヒモで結ぶ。 バトンに吊る。 タイトルを考えるなど...。 何を指示されるかわからない状況の中で、おっかなびっくりの方もいれば 大胆に手を動かす方もいらっしゃいました。 できあがった形は、どれも全く違うもの。 「同じ指示でも人それぞれ捉え方は違うんです。ものをつくるのに正解はない。わからないことを楽しんでみて」 というメッセージが日比野先生から贈られました。 アンケートでは 「劇場という『ハコ』の中で、今日、偶然に集まった人たちでボックスアートを作るという趣向が面白かった」 「日々の中に自分があることがわかり、よかった」 など、感想をいただきました。 「えどがわBOXART展」には、 【ボックスアートを作りながら自分自身を考える。他者の作品を見ながら他者のいる世界を知る。 そして、展示されたボックスアートを持ち帰り、他者の世界感を感じてみる】というテーマがあります。 ボックスアート作りを通して、誰かに作品を届けたり、 展覧会に来て、他者の世界観を垣間見るという経験をしてみませんか? 11月18日から始まる展覧会に向けて、公募作品のエントリーを募集中です。 https://edogawa-bunkacenter.jp/calendar/2021/08/046880.html 作品のご応募をお待ちしております!...

  • BOXART展
  • 大ホール

2021年09月10日

  • BOXART展
  • 大ホール

2021年09月10日

イベントレポート

【イベントレポート】第146回江戸川落語会

【「第146回江戸川落語会~一之輔たっぷりの会~」の様子をご紹介いたします】 9月7日(火)大ホールにて 「第146回江戸川落語会~一之輔たっぷりの会~」が行われました。 今回の江戸川落語会は...... 開口一番、前座の古今亭菊一さん。 和尚と珍念のやり取りが微笑ましい「転失気」からスタート。 続いて、江戸川落語会に初登場の桂宮治師匠。 "パワフルな"を体現したような師匠は、 マクラから客席の心をがっちり掴み、熱気のままに本編「つぼ算」へ。 江戸川落語会で初トリを務める春風亭一之輔師匠。本日の一席目。 師匠曰く、「江戸川落語会の創始者、橘家圓蔵師匠がご存命なら (もっとちゃんとした人を呼ぶから)宮治師匠のような人は呼ばないな」 などと仰るので、客席は大爆笑。 圓蔵師匠もきっと舞台袖で大笑いされていたことでしょう! 一之輔師匠の「蟇の油(がまのあぶら)」はなんといってもその描き方。 主人公の悲喜こもごもに、魅力が溢れ出ていました。 お仲入りをはさみ、春風亭正太郎 改メ 九代目春風亭柳枝師匠。 真打になって初めての江戸川落語会の高座です。 表情は輝き、めでたい空気感をまとっていらっしゃいます。 歌舞伎の話がでてくる「七段目」は、 舞台袖から聞こえる効果音で、臨場感たっぷりの演出でした。 そして、トリの一之輔師匠は「不動坊」。 仲のよい男女に、妬きもちをやく男子たちの"ハチャメチャぶり"がたまりません。 気心の知れた本日の出演者の皆さん。 見事なまでの連携プレー!爆笑の連鎖で終演しました。 写真は、楽屋の様子。(宮治師匠がお帰りになった後) ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 春風亭柳枝
  • 桂宮治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年09月10日

  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 春風亭柳枝
  • 桂宮治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年09月10日

イベントレポート

【イベントレポート】子ども未来館 バックステージツアー

【7月27日(火)子ども未来館主催「バックステージツアー」の様子をご紹介いたします】   7月27日、江戸川区総合文化センターの大ホールにて、 子ども未来館主催「バックステージツアー」を開催しました。 今回は小学3年生から6年生までの子供たち12名が参加しました。 始まりは文化センタースタッフのあいさつから。 舞台裏は機械や道具がたくさんあり、注意が必要な場所もあります。 スタッフの話をよく聞いて、確認が終わったらツアーに出発します。 客席からホール全体を見学した後は、舞台に上がって仕組みを学びます。 迫(せり)と呼ばれる機構の体験では、舞台下の空間「奈落(ならく)」まで降りてみたり、 みんなで力を合わせてひな壇を組み立てました。 そのほかにも、照明機材を操作する部屋や、マイク等の音響機材を操作する部屋を それぞれ担当のスタッフが解説します。 どんな機材が、どんな役割を持っているのか、 説明を受けながら機材を動かしてもらい、舞台が変わっていく様子に子供達も興味津々でした。 最後は演出の体験。自分たちで機材を操作してステージをつくります。 ステージに立つ出演者と機械を操作するスタッフに分かれてリハーサルを行います。 各担当スタッフから操作を教わり、それぞれの動きを確認した後は本番! 練習した通りにしっかりとやり遂げ、客席で見守っていた家族からは拍手をもらいました。 普段は入れない場所に入ったり、初めて見る機械を操作したり。 内容盛りだくさんのバックステージツアーに子供達も楽しそうに体験し、学んでくれました。...

  • 大ホール

2021年08月13日

  • 大ホール

2021年08月13日

イベントレポート

【イベントレポート】第145回江戸川落語会

【「第145回江戸川落語会」の様子をご紹介いたします】 6月28日(月)大ホールにて 「第145回江戸川落語会」が行われました。 今回の江戸川落語会は...... 開口一番、前座の鈴々舎美馬さん。 大ホールいっぱいに響く「金明竹」の早口台詞で、お客様も思わず笑顔になりました。 続いて、弁財亭和泉師匠(三遊亭粋歌 改メ)。 今年の3月に真打昇進披露興行を行った和泉師匠。 披露興行の様々なエピソードを交えた、おめでたい雰囲気から、自作の新作落語へ。 「箱の中」は、日常のアルアルネタが盛りだくさん。ついつい笑ってしまいます。 本日も華やかにご登場の古今亭文菊師匠。 「青菜」で、江戸時代へタイムスリップ。夏の一風景がのんびりと描かれました。 鈴々舎馬るこ師匠は、いつも通りの躍動感あふれる高座。 「八幡様とシロ」は、ユニークなキャラクターの八幡様と犬の掛け合い! シュールですが、いつの間にか物語に惹き込まれてしまいます。 橘家圓蔵師匠の思い出話や「笑点」の裏話で沸かせた林家たい平師匠は、「猫の災難」。 お酒をめぐる江戸時代の庶民のやり取りで、お客様は大笑い。 笑いのネタはいつの時代も変わらないですね。 写真は、演者の皆様がソーシャルディスタンスをとっている楽屋の様子。 ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 古今亭文菊
  • 大ホール
  • 弁財亭和泉
  • 林家たい平
  • 江戸川落語会
  • 落語
  • 鈴々舎馬るこ

2021年07月04日

  • 古今亭文菊
  • 大ホール
  • 弁財亭和泉
  • 林家たい平
  • 江戸川落語会
  • 落語
  • 鈴々舎馬るこ

2021年07月04日

イベントレポート

イベントレポート 【えどがわ能】

【5月15日(土)えどがわ能 能 『景清』 狂言 『二人袴』】の様子をご紹介いたします 5月15日(土)大ホールにて「えどがわ能」が開催されました。 待望の「えどがわ能」は、梅若実さん、野村萬斎さん、山崎敬子さんの鼎談で始まり、 続いて天真爛漫な聟とそれに慌てる父親のやり取りが愉快な狂言「二人袴」へ。 休憩を挟んでから、紋服姿で能の一場面を表現する「仕舞」が三曲続き、 景清の娘・人丸と景清の再会と離別が心を震わせる能「景清」で幕を閉じました。 「解説があったので、緊張せず楽しむことができました」 「二人袴で久し振りに笑いました」 「仕舞には、とても心が和みました」 「人丸と景清が別れる場面で涙が出ました」 「江戸川区で伝統芸能に触れることができ、本当に良かったです」 などのお言葉をたくさんいただきました。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました! ...

  • えどがわ能
  • 大ホール
  • 狂言
  • 能楽

2021年05月28日

  • えどがわ能
  • 大ホール
  • 狂言
  • 能楽

2021年05月28日

イベントレポート

【イベントレポート】公開リハーサル
<日本フィルハーモニー交響楽団>

【4月12日(月) 「公開リハーサル 」の様子をご紹介いたします】 4月12日(月)大ホールにて 「公開リハーサル」が開催されました。 曲目は、チャイコフスキーの「交響曲第5番 ホ短調」。 マエストロ小林研一郎さんによるパワフルで熱のこもった指示が会場に響きます。 指揮台の軽やかなお姿は、とても傘寿を過ぎていらっしゃるとは思えません。 音の強弱や勢いなどを少しずつ確かめながら曲の完成度を高めていく様子は 本番さながらの緊張感と重なり、改めて貴重な時間であることを実感しました。 「1時間があっという間でした。もっと聴きたいと思いました」 「迫力に圧倒されました」 「久しぶりの生オーケストラに感動しました」 など、興奮冷めやらないお客様からたくさんのお言葉をいただきました。 本日の公開リハーサルをきっかけに、今後もオーケストラに興味を寄せていただき たくさんのコンサートを楽しんでいただければ幸いです。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!...

  • クラシック
  • 大ホール

2021年04月13日

  • クラシック
  • 大ホール

2021年04月13日

イベントレポート

【イベントレポート】第144回江戸川落語会

【「第144回江戸川落語会」の様子をご紹介いたします】 3月11日(木)大ホールにて 「第144回江戸川落語会~春笑! 大ホールで白酒・三三・たけ平・ひろ木~」が行われました。 春宵一刻値千金~しゅんしょう いっこく あたいせんきん~ この言葉は、春の夜は趣が深く、大変よいものという意味です。 ここ、江戸川落語会では、もちろん、"春笑"一刻値千金 ! 今宵の江戸川落語会は...... 前座の入船亭扇ぽうさんが、トントンと古典落語で江戸の世界へ! 続いて、林家ひろ木師匠は、独特の間合いでお客様を沸かせます。 津軽三味線での世界ツアー、今度はぜひお連れいただきたいと思います。 (今回は1か国だけ訪れました!) 桃月庵白酒師匠の「百川」。百兵衛さんの訛りを聞くたびに、 腹筋がよじれ、大笑い。明日、お客様のウェストが細くなっているでしょう。 いつも明るく楽しい林家たけ平師匠。本日の「宗論」も、 バカバカしいお笑いがいっぱい。たけ平師匠の美声が 大ホールに響きわたりました。 トリの柳家三三師匠。 旦那の義太夫の会に振り回される人々が 次々と高座の上に現れます。大熱演の「寝床」でした。 師匠方もお客様も、本日はリラックスムード。 素敵な春の夜でした! ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 大ホール
  • 林家たけ平
  • 林家ひろ木
  • 柳家三三
  • 桃月庵白酒
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年03月19日

  • 大ホール
  • 林家たけ平
  • 林家ひろ木
  • 柳家三三
  • 桃月庵白酒
  • 江戸川落語会
  • 落語

2021年03月19日

イベントレポート

【イベントレポート】第143回江戸川落語会

【「第143回江戸川落語会」の様子をご紹介いたします】 2月24日(水)大ホールにて 「第143回江戸川落語会~笑撃!大ホールで生志・兼好・一之輔・天どん~」が行われました。 新型コロナウィルスの影響により、現在4か月連続で開催中の「江戸川落語会」です! 今回は、「落語協会」から春風亭一之輔師匠と三遊亭天どん師匠、「五代目円楽一門会」から 三遊亭兼好師匠、「落語立川流一門会」から立川生志師匠が登場。 それぞれの流派を背負って立つ看板スターが一同に会しました。 3月上席より二ツ目昇進の林家きよひこさん。 気風のよい口振りでスタートダッシュ。三遊亭天どん師匠に繋ぎます。 天どん師匠は、江戸川に、池袋のハーブの風を颯爽と吹かせました。 そして、一之輔師匠へバトンタッチ。 天どん師匠と一之輔師匠の名物(?)、和気藹々とした絡みがあった後、一之輔師匠は男女の話へ。 純朴な主人公の驚くべき変化に息を飲みました。 兼好師匠は、「前半は乱暴な人たちが続きましたね~」とおどけながら いつの間にか兼好ワールドへ導きます。 長屋の人々がなんて生き生きとしているのでしょう! そして、トリは生志師匠の「文七元結」。 深みのある味わいを醸し出されていました。 お客様から、涙が出ました、というお声もありました。 橘家圓蔵師匠(月の家圓鏡師匠)が目指した「旬の落語家たちをご近所でたっぷり楽しめる会」は 35年以上たった今も、脈脈と受け継がれています。 ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 三遊亭兼好
  • 三遊亭天どん
  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 立川生志
  • 落語

2021年03月03日

  • 三遊亭兼好
  • 三遊亭天どん
  • 大ホール
  • 春風亭一之輔
  • 江戸川落語会
  • 立川生志
  • 落語

2021年03月03日

イベントレポート

【イベントレポート】第141回江戸川落語会

【「第141回江戸川落語会~新作も古典もアツアツの会~」の様子をご紹介いたします】 1月7日(木)大ホールにて 「第141回江戸川落語会~新作も古典もアツアツの会~」が行われました。 当公演は、昨年6月に予定しておりましたが、感染症拡大防止のため、 日程や会場を変更し、満を持しての開催でした。 柳家喬太郎師匠が新作と古典を二席務める恒例の落語会。 待ちわびたお客様の熱気に、師匠はいつも通り応戦! 会場内を明るい笑いで包みました。 美しい仕草で、江戸風景を浮かび上がらせた隅田川馬石師匠、 マニアックな東急鉄道落語を、総武線沿線の会場に投下、見事に笑いを掴んだ古今亭駒治師匠、 颯爽と先陣を切った前座の三遊亭ごはんつぶさん。 個々の持ち味がうまくブレンドされた会でした。 ~お客様からのお声~ 「笑うことができる場を設けてくださり、ありがとうございました」 「半年以上待ったかいがありました」「約3時間が短く感じられました」 「マスク越しに遠慮しながらも、心では大笑い」 早く、大声で笑える日が戻ることを願いまして。 ご来場、誠にありがとうございました。 ...

  • 古今亭駒治
  • 大ホール
  • 柳家喬太郎
  • 江戸川落語会
  • 落語
  • 隅田川馬石

2021年01月12日

  • 古今亭駒治
  • 大ホール
  • 柳家喬太郎
  • 江戸川落語会
  • 落語
  • 隅田川馬石

2021年01月12日

イベントレポート

【イベントレポート】第142回江戸川落語会

【「第142回江戸川落語会~大ホールで柳家小三治の会~」の様子をご紹介いたします】 12月18日(金)大ホールにて 「第142回江戸川落語会~大ホールで柳家小三治の会~」が開催されました。 公演の中止や延期が続き、1年ぶりの江戸川落語会でした。 感染症対策のため、小ホールから大ホールに会場を移動。 「櫓(やぐら)」も一緒にお引越し、お客様を出迎えます。 写真は会場の準備をしているところ。 満席(一席おきで)の会場。 開口一番、三遊亭歌つをさんから始まり、 弟子の柳家三之助師匠、柳家一琴師匠と二重三重に笑いを繋ぎます。 そしていよいよ後半は、落語界のレジェンド・柳家小三治師匠の出番。 と思ったら、なんと仲入り途中から師匠登場! おどけた様子で高座に上がり、 「お茶を飲みたかっただけ」と。 そんなサプライズにお客様も大喜び。 予定外の出来事でしたが、師匠のちょっとしたお遊びが、 お客様に笑いをもたらし スタッフの緊張もふっと緩ませてくださいました。 「遊び(あすび)」のまくらから、本編へ。 最後に医療従事者の方へ、客席の皆さまとともに拍手を送り、終了。 心おきなく笑うことが難しい日々ですが、 落語の時間だけは、日常を忘れて笑ってと願う演者の皆さんと、 笑って楽しみたいというお客様の想いが溢れていました。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!...

  • 大ホール
  • 柳家一琴
  • 柳家三之助
  • 柳家小三治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2020年12月23日

  • 大ホール
  • 柳家一琴
  • 柳家三之助
  • 柳家小三治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2020年12月23日

イベントレポート

【イベントレポート】公開リハーサル
<日本フィルハーモニー交響楽団>

【11月27日(金)「公開リハーサル 」の様子をご紹介いたします】 11月27日(金)大ホールにて 「公開リハーサル Vol.2 」が開催されました。 リハーサルが公開された曲は、今年、生誕250周年を迎えたベートーヴェン作曲の 「序曲《レオノーレ》第3番」と「交響曲第8番ヘ長調」です。 本番を翌日に控えた緊張感の中、指揮者の川瀬賢太郎さんの熱のこもった指示が響きます。 オーケストラの音色を緻密に織り上げていく、まさに職人芸! 約1時間の短い時間でしたが、この貴重な機会は、お客様からも大変好評で 「最初の演奏で十分仕上がっていると思ったのに、  更に突き詰めてより良いものにしていて驚きました」 「素晴らしかったです。遠くから来た甲斐がありました」 など、お言葉をたくさんいただきました。 これを機に、オーケストラに興味をお持ちいただき、コンサートにも足をお運びいただければ幸いです。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!...

  • クラシック
  • 大ホール

2020年12月02日

  • クラシック
  • 大ホール

2020年12月02日

イベントレポート

【イベントレポート】
ゆったりアフタヌーンコンサートVol.2

【11月25日(水)「ゆったりアフタヌーンコンサートVol.2」の様子をご紹介いたします】 11月25日(水)大ホールにて「ゆったりアフタヌーンコンサートVol.2」が開催されました。 ご出演は、江戸川区にゆかりのあるWind Chime【ういんど・ちゃいむ】の 前田千秋さん(ソプラノ) 井上美都さん(ピアノ) 遠山美緒さん(フルート) 田野口久世さん(ヴァイオリン&ヴィオラ) 朴純香さん(チェロ)です。 ピアノ、フルート、ヴァイオリン、チェロの四重奏で幕を開けたコンサート。 様々な楽器のアンサンブルと澄み渡ったソプラノの歌声が大ホールに響き渡り、 楽器や楽曲にまつわるお話もたっぷりしていただきました。 「久し振りに大きなホールで音楽を聴きました。やはり生の音は素晴らしいです」 「心の中で一緒に歌って、とっても堪能いたしました」 など、ご来場のお客様からは温かいお言葉をたくさんいただきました。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました! ...

  • クラシック
  • 大ホール

2020年11月30日

  • クラシック
  • 大ホール

2020年11月30日

イベントレポート

【イベントレポート】
フレッシュ名曲コンサート

【11月15日(日)「フレッシュ名曲コンサート ~楽しいオーケストラ! 鈴木優人×日本フィルハーモニー交響楽団~」の様子をご紹介いたします】 11月15日(日)大ホールにて「フレッシュ名曲コンサート ~楽しいオーケストラ! 鈴木優人×日本フィルハーモニー交響楽団~」が開催されました。 ご出演は、指揮:鈴木優人さん、ピアノ:原田莉奈さん、 管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団です。 コンサートは指揮者の鈴木優人さんによる作曲者や楽曲のお話後、 メンデルスゾーンの「夏の夜の夢」で幕を開けました。 ヴァイオリンが妖精の羽ばたきのように駆け巡り幻想的な雰囲気に包まれた後、 本日のソリスト原田莉奈さんが登場。 鈴木さんとの軽快なトークの後、原田さんのピアノで ベートーヴェンのピアノ協奏曲第四番が始まりました。 その後原田さんのサプライズでシューマンによる「なぜ」の独奏、休憩を経て、 ラストのドヴォルザーク「新世界より」へ。 ファンも多い言わずと知れた名曲は、壮大なフィナーレで終了いたしました。 アンコールはドヴォルザークの「スラヴ舞曲」。 この曲も耳馴染みの深い曲で、「新世界より」で高揚した気持ちを 異国情緒溢れるメロディが穏やかに包みました。 「選曲も演奏も素晴らしく、指揮者による説明も分かりやすかった」 「生の音楽を聴けて本当に良かった」 など、ご来場のお客様からは温かいお言葉をたくさんいただきました。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました! ...

  • クラシック
  • ピアノ
  • フレッシュ名曲コンサート
  • 大ホール

2020年11月18日

  • クラシック
  • ピアノ
  • フレッシュ名曲コンサート
  • 大ホール

2020年11月18日

イベントレポート

【イベントレポート】
ゆったりアフタヌーンコンサートVol.1

【10月28日(水)「ゆったりアフタヌーンコンサートVol.1」の様子をご紹介いたします】 10月28日(水)大ホールにて「ゆったりアフタヌーンコンサートVol.1」が開催されました。 ご出演は、江戸川区にゆかりのあるピアニストの長内一真さんと、バリトンの森善虎さんです。 コンサートはピアノアレンジされた、ヨハン・セバスティアン・バッハの 「無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード」で幕を開けました。 ピアノアレンジされたガーシュウィンの「サマータイム」などを経て、 ビゼーの「カルメン」ピアノアレンジの 軽快ながらも重厚なピアノと共に森さんが登場。 シューベルトの「鱒」や山田耕筰の「赤とんぼ」など、 馴染みの深い曲が大ホールに響きわたりました。 「大きなホールで気持ち良くコンサートを味わうことができました」 「美しいピアノとバリトンを堪能できました!」 など、ご来場のお客様からは温かいお言葉をたくさんいただきました。 ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!...

  • コンサート
  • ピアノ
  • 大ホール

2020年10月29日

  • コンサート
  • ピアノ
  • 大ホール

2020年10月29日

イベントレポート

【イベントレポート】バックステージツアー

【イベントレポート】バックステージツアー 10月21日(火)、22日(水)第三松江小学校2年生が 江戸川区総合文化センター大ホールに来館されました。 この度のバックステージツアーは、コロナウイルスの影響で 遠足や社会科見学に行けない小学生の為に、 江戸川区総合文化センターの案内をしてもらえないか、と 小学校の先生からお話をいただいて企画したものです。 密を避ける為1クラスずつ大ホールの中へと入り、 ホリゾントライトで色クイズをしたり スポットライトでゲームをしたり オーケストラピットを体験してもらいました。 みなさん先生の言うことをちゃんと聞いて、 楽しそうに体験してくれました♪ 江戸川区総合文化センターでは、今年度近隣の小中学校を対象に バックステージツアーを行っております(※要相談)。 ご興味がありましたら是非お気軽にお問合せください。...

  • 大ホール

2020年10月25日

  • 大ホール

2020年10月25日

イベントレポート

【イベントレポート】
公開リハーサル <東京混声合唱団>

【10月20日(火)「公開リハーサル 」の様子をご紹介いたします】 10月20日(火)大ホールにて「公開リハーサル Vol.1 」が開催されました。 演目は世界三大レクイエムの1つと名高いフォーレ作曲「レクイエム」。 東京混声合唱団は、合唱用の長い「特別マスク」着用! 前から11列目までは空席にし、合唱の際課題に挙がる飛沫対策もバッチリで 荘厳な歌声が総合文化センター大ホールに響き渡りました。 「初めて公開リハーサルを聴きました。とても楽しめました」 「久しぶりに聴く生の歌声に感動しました」 など、ご来場のお客様からは温かいお言葉をたくさんいただきました。 また、この「公開リハーサル Vol.1 」の様子が 江戸川区の広報番組である「えどがわ区民ニュース」で紹介されています。 是非ご覧ください♪ ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!...

  • 大ホール

2020年10月22日

  • 大ホール

2020年10月22日

イベントレポート

【イベントレポート】のんびりアフタヌーンコンサート

【9月30日(水)「のんびりアフタヌーンコンサート」の様子をご紹介いたします】   9月30日(水)大ホールにて「のんびりアフタヌーンコンサート」が開催されました。 ご出演は、江戸川区内で活動されるアマチュアミュージシャン 「Taro」さん、「ロックンダディーズ」さん。 「Taro」さんはオリジナルの曲を披露され、 穏やかな歌声と江戸川区を舞台にした曲が好評でした。 「ロックンダディーズ」さんの演奏される60~70年代の楽曲は、 来場者にとってもなじみの深い曲で、 合間に手拍子をされる方もいらっしゃいました。 「こんなご時世だからこそエネルギーをいただきました」 「久しぶりの生演奏、心に響きました」 など、ご来場のお客様からは温かいお言葉をたくさんいただきました。   ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!...

  • コンサート
  • 大ホール

2020年10月02日

  • コンサート
  • 大ホール

2020年10月02日

音楽を鑑賞する

のんびりアフタヌーンコンサート

のんびりアフタヌーンコンサート 音の響きが心地よい総合文化センター大ホールのステージで、 江戸川区内で活動するアマチュアミュージシャンによるコンサートを開催します。 午後のひと時を音楽とともにお楽しみください。 ◆公演日時 2020年9月30日(水)13:00~14:00(12:30開場) ◆会場 江戸川区総合文化センター 大ホール ◆出演 13:00~ Taro(ギター弾き語り) 13:30~ ロックンダディーズ(オールディーズバンド) ◆料金 入場無料(全席自由) 当日直接会場へお越しください。     新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、ご入場の際に次のことにご協力ください。 1. マスクの着用をお願いいたします。 2. 入場前に体温の測定にご協力ください。37.5度以上の場合はご入場いただけません。 3. 手洗いの励行のほか、手指消毒剤をご利用ください。 4. その他、係員からのお願いにはご協力ください。     詳細は以下をご確認ください。 のんびりアフタヌーンコンサート...

  • コンサート
  • 大ホール

2020年09月23日

  • コンサート
  • 大ホール

2020年09月23日

イベントレポート

【イベントレポート】第139回江戸川落語会

12/8(日)、「第139回江戸川落語会」が開催されました。 恒例!12月は、人間国宝、柳家小三治師匠をトリに迎えた「江戸川落語会」。 師匠の噺で一年を締めくくる、と楽しみにされるファンの方も多く、今回も満員御礼。会場は熱気に包まれました。

  • えどがわ2020日本文化プログラム
  • 古今亭志ん輔
  • 大ホール
  • 柳家三之助
  • 柳家小三治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2019年12月08日

  • えどがわ2020日本文化プログラム
  • 古今亭志ん輔
  • 大ホール
  • 柳家三之助
  • 柳家小三治
  • 江戸川落語会
  • 落語

2019年12月08日