江戸川区総合文化センタートップページへ

えどがわBOXART展

えどがわBOXART展

第2回 えどがわBOXART展 作品紹介61~70

【第2回えどがわBOXART展 作品紹介61~70】 11月19日(土)より総合文化センター中央ロビーにて開催中の第2回 えどがわBOXART展。 大小様々、意匠を凝らした作品が並んでおります。 作品タイトルや制作者からのメッセージをご紹介いたしますので 気になる作品がございましたら、是非実際にご覧になってみてください。 今回は、作品No.61~70をご紹介します。 61. インナーヴィジョン 外から刺激や情報を受けて内部に取り込んだ後また記憶から取り出すときのイメージ。 (作者名:平岩朋華) 62. コレクション 小さい頃色々な物を集めて自分だけの世界を作りワクワクしていた時間を思い浮かべながら進めていきました。 (作者名:平岩朋華) 63. Hot air Balloon's race まず箱を手にした時、秋の青空にみえ、そこから熱気球のレースがイメージできたので作成しました。色鮮やかな Balloon たちで、楽しげにしました。 (作者名:ANKYO) 64. 明日何着てこう。明日も元気に行こう! 鮮やかな色彩の、ワクワクするクローゼットを作りました。ただ手持ちの布では色が足りなく、一部おり紙で作成したのですが、おり紙で作ったものは衣類の感じが出なかったのが少し残念でした。でも、物を購入せずに家にあるもので作れた点はよかったと思います。 (作者名:ANKYO) 65. 巨人来訪 最初に気づいたのは校長だった。叫び声に驚いて窓の外を見ると、巨人がこちらを覗き込んでいた。 作品の見方 ①蓋を開け扉側を手前に持ち箱を十分に目に近づけて窓枠を通して鏡を見ると目が鏡にうつります。あなたが巨人です。 ②窓枠の上から鏡を覗くと、巨人視点で教室の中を眺めることができます。 (作者名:山田) 66. 宇宙 黒画用紙を貼ってからラメをぬり、穴をあけ宝石をちりばめた。この中を見ると、いろいろな星があり、いろいろな無限の可能性を感じて欲しい。また、見る時間帯や光によって見え方が変わることもすてき。(理由は、中の面を4つともちがうマニキュアでぬったから) (作者名:さおらめ) 67. あの頃の思い出 先日、祖母が亡くなった。小さな頃から初孫として愛してくれてありがとう。たくさん自然に触れさせてくれて、たのしいいなかでの思い出をありがとう。自然をどんぐりで表した。たくさんの種類は、たくさんの自然の思い出。麦わら帽子は、夏休みに長期滞在したことがやっぱり一番心に思っているから。はりがねは、今はもうない、遊具たち。当時はたくさんのいろいろな形の遊具が公園にはあったな。派手ではなく、質素にまとめる所を工夫した。おばあちゃん、たくさんの思い出をありがとう。大好きだよ!! (作者名:さおちゃんは、生きてるだけでえらいんだよ。) 68. 人種と教育 白人・黒人・黄色人・の割合とそれぞれの教育スタイル。英文...自由な場所で自由な姿勢で個別共育を受ける。人数は少ない。緑...学校に行ける子もいない子もいる。集団で学習をする。茶...人が多く、並んで一斉指導を受ける。規律が大事にされる。どの教育方法が良いのかは...分からない。 (作者名:教育者 F) 69. 私のすきなネコとバイオリン 大学生になり、私が最も力を入れているのは、バイオリンなので、バイオリンを弾くネコを自分に見立てて制作しました。苦労したことは、粘土でバイオリンを持つ動作を表現するところです。特に、バイオリンの角度にこだわりました。 (作者名:さとっちゃん) 70. A SUNNY DAY 家族の休日をテーマにしました。よく晴れた日に、こんな風に過ごせたらいいなと思いながら作りました。細かい花柄と、小さい人形に色をつけるのが大変でした。人形の髪型が可愛くできて、お気に入りです。 (作者名:横田早紀) 他の作品はこちらをご覧ください。 第2回えどがわBOXART展 作品紹介1~10 第2回えどがわBOXART展 作品紹介11~20 第2回えどがわBOXART展 作品紹介21~30 第2回えどがわBOXART展 作品紹介31~40 第2回えどがわBOXART展 作品紹介41~50 第2回えどがわBOXART展 作品紹介51~60 第2回えどがわBOXART展 作品紹介61~70 第2回えどがわBOXART展 作品紹介71~80 第2回えどがわBOXART展 作品紹介81~90 第2回えどがわBOXART展 作品紹介91~100 第2回えどがわBOXART展 作品紹介101~114...

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

えどがわBOXART展

第2回 えどがわBOXART展 作品紹介71~80

【第2回えどがわBOXART展 作品紹介71~80】 11月19日(土)より総合文化センター中央ロビーにて開催中の第2回 えどがわBOXART展。 大小様々、意匠を凝らした作品が並んでおります。 作品タイトルや制作者からのメッセージをご紹介いたしますので 気になる作品がございましたら、是非実際にご覧になってみてください。 今回は、作品No.71~80をご紹介します。 71. 機内持ち込み可 「応募できない作品」に発火物とあったため、逆に発火物をテーマにした作品を着想しました。 そういう面倒さ、「燃えそうで燃えない」「安全」というのも含め、自分の性格をよく表現した作品になったと思います。 (作者名:鈴木亮我) 72. つる いつも富士山を見ていてとってもきれいなので (作者名:アッチャン) 73. 不思議の森 空に浮かぶ、鏡のような泉、見つめる目 卵を落とす木...自分の中のあったら行きたい不思議な森を作ってみました。 (作者名:和田恵美) 74. HAPPY RABBIT のりやハサミを使っていたら、子供の頃を思い出し、物をつくるのが楽しくなりました。 また食器棚の中のレイアウトを考えたり、飾るのが好きな自分にも気付きました。 箱の中には来年の干支・うさぎを飾ってみました。よい一年になりますように。 (作者名:古堅礼子) 75. 埋まっていく自然 作品づくりはリラックスタイム。やっていくうちに、わくわく、賑やかになって止まらなくなっちゃった。 (作者名:古堅勇 zorro136) 76. ついのすみか 明治時代の木型を基にうさぎの練人形を作り、絵付けをしました。 卯年生まれのわたしは美しい月に心惹かれます。使われなくなった茶箱をすみかに。 うさぎは桐のおがくずに糊を練り混ぜ、布は天然藍染の片野絞りの青海波の当て布です。 まだまだ、すてたもんじゃないです。 (作者名:めぐり) 77. 秋のヒマワリ おなじ形でダンボールだからまず、白のアクリルをつかってぬって、その後黄色のアクリルでぬったことと、白→黄色にするときれいにぬることができた。 (作者名:横山心咲) 78. "SDGs"(Sweet Dessert GochisōSan) SDGs を意識して作りました。ケーキ BOX を開ける楽しみ、食べる楽しみ、見る楽しみなどワクワクしたものに変化できればと思い制作。 (作者名:きょーこ) 79. にじの友達 自分の好きなキャラなので、苦労なく、楽しんで作れました。 (作者名:Shio) 80. ∞ 皆で一緒に、ワイワイと! 1 人でコツコツと!作るって楽しいな。音楽も楽しんで、ダンスも楽しいな。箱の中から、飛び出す!いろいろな♡ (作者名:わさび) 他の作品はこちらをご覧ください。 第2回えどがわBOXART展 作品紹介1~10 第2回えどがわBOXART展 作品紹介11~20 第2回えどがわBOXART展 作品紹介21~30 第2回えどがわBOXART展 作品紹介31~40 第2回えどがわBOXART展 作品紹介41~50 第2回えどがわBOXART展 作品紹介51~60 第2回えどがわBOXART展 作品紹介61~70 第2回えどがわBOXART展 作品紹介71~80 第2回えどがわBOXART展 作品紹介81~90 第2回えどがわBOXART展 作品紹介91~100 第2回えどがわBOXART展 作品紹介101~114...

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

えどがわBOXART展

第2回 えどがわBOXART展 作品紹介81~90

【第2回えどがわBOXART展 作品紹介81~90】 11月19日(土)より総合文化センター中央ロビーにて開催中の第2回 えどがわBOXART展。 大小様々、意匠を凝らした作品が並んでおります。 作品タイトルや制作者からのメッセージをご紹介いたしますので 気になる作品がございましたら、是非実際にご覧になってみてください。 今回は、作品No.81~90をご紹介します。 81. 無題 あふれる鶴を、表現しています。もくもくと表現出来る、思い 想い 重い たんたんと表現出来る、単純に表現する。 (作者名:わさび) 82. Vino rosso 2022 日比野先生のワークショップに参加したことで、自由な発想で制作する勇気をいただきました。 コルクを削るのが私には大変でした。ワイン好きな方が楽しんでいただけたら成功です。 (作者名:のん) 83. わたしの希望~安穏~ 美術の先生が絵画のスライドを見せてくれた中に聖書の場面がたくさんあったのを思い出しました。 絵画は過去におきたことですが、わたしは聖書が述べている将来について形にしてみたいと思いました。 どんな場面なのかは箱を観察していただければ分かるかもしれません。 (作者名:梶原真実) 84. わたしの希望~平安~ 美術の先生が絵画のスライドを見せてくれた中に聖書の場面がたくさんあったのを思い出しました。 絵画は過去におきたことですが、わたしは聖書が述べている将来について形にしてみたいと思いました。 どんな場面なのかは箱を観察していただければ分かるかもしれません。 (作者名:梶原真実) 85. わたしの希望~安住~ 美術の先生が絵画のスライドを見せてくれた中に聖書の場面がたくさんあったのを思い出しました。 絵画は過去におきたことですが、わたしは聖書が述べている将来について形にしてみたいと思いました。 どんな場面なのかは箱を観察していただければ分かるかもしれません。 (作者名:梶原真実) 86. きれいの虹のかかった可愛いアイス屋さん たくさん じかんをかけて 2 かいだてのさくひんをつくりました! (作者名:大原百華) 87. ようかい祭り カーテンのおくはなにかな...カーテンをあけて見てみよう! (作者名:宇田川暖乃香) 88. ピアノの時間 大人になってから、ピアノレッスンを再開しました。昔はイヤイヤやっていた部分もあったような気がしますが、今は、とても楽しく練習しています。そのわくわく楽しい大切な時間を表現しました。 (作者名:深澤陽子) 89. サプライズ花火 今年の夏、実家に帰省した帰り道、偶然花火大会に遭遇しました。3年ぶりぐらいの花火だったし、近くで見たので、大きくて、きれいで感動した景色を箱の中で再現しました。 (作者名:深澤陽子) 90. OPEN!! 私は、空が好きで、下校中によく大きな空を見ています。毎日見ているけど毎回ちがくておもしろいなと思っていました。 そして、私がどうしてドアの中に空を作ったかと言うと、まっすぐ上を向いて空をみるけど箱では表現するのが難しいのでドアで表しました。 (作者名:深澤真衣) 他の作品はこちらをご覧ください。 第2回えどがわBOXART展 作品紹介1~10 第2回えどがわBOXART展 作品紹介11~20 第2回えどがわBOXART展 作品紹介21~30 第2回えどがわBOXART展 作品紹介31~40 第2回えどがわBOXART展 作品紹介41~50 第2回えどがわBOXART展 作品紹介51~60 第2回えどがわBOXART展 作品紹介61~70 第2回えどがわBOXART展 作品紹介71~80 第2回えどがわBOXART展 作品紹介81~90 第2回えどがわBOXART展 作品紹介91~100 第2回えどがわBOXART展 作品紹介101~114...

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

えどがわBOXART展

第2回 えどがわBOXART展 作品紹介91~100

【第2回えどがわBOXART展 作品紹介91~100】 11月19日(土)より総合文化センター中央ロビーにて開催中の第2回 えどがわBOXART展。 大小様々、意匠を凝らした作品が並んでおります。 作品タイトルや制作者からのメッセージをご紹介いたしますので 気になる作品がございましたら、是非実際にご覧になってみてください。 今回は、作品No.91~100をご紹介します。 91. 川 私は、感情が出にくい時があって、本当は色々、考えてるけど顔に出ないので「伝わらない」ということを表しました。 この作品は、川の形に切った紙をかさねて色々考えていることを表現しました。 ななめから見ると、少しずつちがう色の川が見えて川が大きくなります。 (作者名:深澤真衣) 92. 過去 過去の心の叫びを表現 発泡スチロールで岩を作るのが難しかったです。紙ねんどで人を作るのが大変でした。 (作者名:萬斗真) 93. 現在 現在の心を表現 発泡スチロールで岩を作るのが難しかったです。 (作者名:萬斗真) 94. 星をつくる工場 何か物語が始まるような、絵本の最初の1 ページのようなイメージでつくりました。 宇宙のどこかにある「星をつくる工場」です。窓から地球が見えているので、そう遠くはなさそうです。 今回は娘と一緒に出品しています。 (作者名:藤田奈美) 95. くまのおかしやさん かみねんどに、けいこうペンで いろをつけました。ちいさいおかしを つくるのが、むずかしかったです。 (作者名:藤田一香) 96. リボンの私・母・長良川 小学校1年生の入学の時、母は公園で写真屋さんに頼んで私をとってくれました。 頭には黄色のリボン。なぜ黄色なのか?母の選ぶ色はいつも黄色でした。遠い昔のおはなしです。 母を想い、母の故郷、私の故郷でもある長良川を想い、箱の中であそびました。 (作者名:momo) 97. 世話焼き婆が去って かつての村社会には個人の悩み事の相談に乗り親身に助言する「世話焼き婆」と呼ばれた女性がいたといいます。 時代と共に表面化される悩みは変わっても寄り添う人の存在は大きく、作品では現代の生きづらさを赤い球に表現し、「世話焼き」の芽と活かす社会に期待して簾の奥に種を置きました。 (作者名:ちまた) 98. 笑福神社 昨年この企画を知って私もなにか作品をつくってみたいなぁと思ってました。 ペットボトルのキャップはみんなに集めてもらいました。選り抜きで、目がしょぼしょぼです。 奥行きを感じてもらえるとうれしいです。わたしもみんなも今笑顔に囲まれて、そしてもっともっと笑顔があふれますようにという心です。 (作者名:三森昭彦) 99. おしゃべりなマスク達 使用済の紙等のマスクは、役目が終ると、ほとんどゴミになってしまう。 コロナ下でマスクは、細菌から人を守り、沢山の言葉をのみこんでいるのかもと。。。 そのマスクが楽しくおしゃべりをしだすというイメージで‥‥(マスクは使用済ですが洗ってあります。) (作者名:津村はるみ) 100. あなたのあたまのなかは? 自分を指輪で表現しました。 (作者名:山元菜那羽) 他の作品はこちらをご覧ください。 第2回えどがわBOXART展 作品紹介1~10 第2回えどがわBOXART展 作品紹介11~20 第2回えどがわBOXART展 作品紹介21~30 第2回えどがわBOXART展 作品紹介31~40 第2回えどがわBOXART展 作品紹介41~50 第2回えどがわBOXART展 作品紹介51~60 第2回えどがわBOXART展 作品紹介61~70 第2回えどがわBOXART展 作品紹介71~80 第2回えどがわBOXART展 作品紹介81~90 第2回えどがわBOXART展 作品紹介91~100 第2回えどがわBOXART展 作品紹介101~114...

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

えどがわBOXART展

第2回 えどがわBOXART展 作品紹介101~114

【第2回えどがわBOXART展 作品紹介101~114】 11月19日(土)より総合文化センター中央ロビーにて開催中の第2回 えどがわBOXART展。 大小様々、意匠を凝らした作品が並んでおります。 作品タイトルや制作者からのメッセージをご紹介いたしますので 気になる作品がございましたら、是非実際にご覧になってみてください。 今回は、作品No.101~114をご紹介します。 101. まさきちワールドへようこそ...。 たまたま仕事先で知り合った、まさきちさんが書いたウサギのような、生き物の、絵が不思議なセンスで...。 何か発表できる場が無いかな~と思っていたら地下鉄の中吊り広告で日比野さんの作品を見まして、誰の作品か検索していたら、えどがわBOXART展にたどりつき、これだ!!と思い記念に応募しました。 (作者名:まさきちとらっこ) 102. Re111 ちらしナド捨てられてしまう紙を花として表現しました。 (作者名:Sawayu) 103. red70. 紙で花を表現したく、赤系でまとめました。 (作者名:Sawayu) 104. cosmofantasia BOXART をしようと思ったきっかけは、友達にさそわれ私も工作が好きだったのでやってみようと思いました。 工夫したところは、使わなくなった、はぶらしで、えのぐをつけて、パッパととばして、もようをつくりました。 このBOX アートをして、あらためて工作は楽しいなと感じました。 ロケットがささっているようにみせるために、ハサミで穴をあけて、ごみがでてきてくるので、それをなにかにつなげられないかと思い、おもいついたのが、ロケットがいきおいよくささってきて、こわれてはへんがでてきたようにみせています。 (作者名:橋本すず) 105. 角度を変えて見て! この織物の色の重なりを様々な角度から見た時、見る角度によってはオレンジや紫色に見えます。 新しい色の発見もあり。当たり前だけど、見る角度が違えば、見方も変わってきます。 ものの見方は、ものの考え方に通じていて、何かに行き詰まった時などにこのような見方を思い出せたらと思って制作しました。 (作者名:見方の味方なヒト) 106. ゆき ゆきがふると、ぼくは うれしくなって 楽しくなって、笑顔になります ニコニコの世界が大好きです (作者名:たっちゃん) 107. 休園日のメリーゴーランド 初めてボックスアートを作りました。童心に帰り楽しく作ることができ、又素材も家にあるもので作れて、エコだなと思いました。 (作者名:鈴木紀子) 108. 重力 空間にただよう星をイメージして作りましたが、できてみると全てつり下げられている感がはんぱないなと思い、重力とゆうタイトルにしました。 (作者名:鈴木紀子) 109. 連鎖 自由にひっぱり出して下さい 少し出したり、全部出したり 息子(3 才)の手あそびになれば良いなと思い作りました (作者名:たんごりえ) 110. おふいちゃんの手 祖母が着なくなった着物でお手玉を作ってくれていました。 小さな箱にお手玉がぎゅうぎゅうにつめられていた事を思い出しながら作りました。 祖母の着ていた着物で、お手玉ではなく 手 がつまっています (作者名:たんごりえ) 111. ラッキースプリング 緑のインテリアが作りたくなり材料を探して自分で色々と付けてみました。本物の葉っぱもまぎれています (作者名:グリーンアドバイザー) 112. 星の踊り 箱の中に何か動くものを入れたいと思い、針金で動く人形を作りました。 細い針金を使ったのですが曲げるのに苦労しました。夜空の星に見立てたナットは夫のナットコレクションから無断で拝借。 ハンドルをまわすと人形が踊ります。ひっかかりやすいのはご愛嬌。 (作者名:ナット、ナットナット) 113. journey お花畑と蝶です。蝶たちにとって初めての旅です。新しい風景、仲間との出会いにワクワクしています。 指にはめて ときどき外につれ出して下さい。作り手と受け手のもつ「風景」を想いながら作りました。 (作者名:まこなまこ) 114. 山とかれ葉 ぼくが、とくいな山の絵をかいて谷から見たふうけいをあらわしました。 おち葉は、山から葉がおちてくるようなことを思いながら作りました。 (作者名:森亭木林) 他の作品はこちらをご覧ください。 第2回えどがわBOXART展 作品紹介1~10 第2回えどがわBOXART展 作品紹介11~20 第2回えどがわBOXART展 作品紹介21~30 第2回えどがわBOXART展 作品紹介31~40 第2回えどがわBOXART展 作品紹介41~50 第2回えどがわBOXART展 作品紹介51~60 第2回えどがわBOXART展 作品紹介61~70 第2回えどがわBOXART展 作品紹介71~80 第2回えどがわBOXART展 作品紹介81~90 第2回えどがわBOXART展 作品紹介91~100 第2回えどがわBOXART展 作品紹介101~114...

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

  • BOXART展
  • 中央ロビー

2022年12月08日

えどがわBOXART展

【イベントレポート】日比野克彦 ワークショップ2022(10/18)

【「第2回 えどがわBOXART展 関連イベント<日比野克彦 ワークショップ2022>  ~自分とはなにかを考える~」 の様子をご紹介いたします】 「えどがわBOXART展」を企画・監修するアーティストの日比野克彦さんを講師に迎え、 <自分とはなにかを考える>をテーマにワークショップを行いました。 「数学に正解はあるけれど、アートにはどうか?」 そんな問いかけから始まった今回のワークショップ。 1枚の紙に指で穴(ゲート)を開け、各々行きたい場所のイメージを想起します。 当たり前のことですが、同じ場所をイメージする人はいません。 自分と他者とは違うな...。なんとなく皆が感じ始めました。続いて、日比野さんから指令が次々と下ります。 1枚の紙を使って、自分の身長プラス手を伸ばした長さにしてみたり、 出来るだけ高く積み上げてみたり。 糊やハサミやセロテープは使用不可。 紙と指だけを使って、次々とオリジナルの作品ができていきます。 それを広い部屋の好きな場所に好きなように並べていくと なんと1時間半のワークショップの間に、ミニ展覧会場が出現!! 講師の日比野さんからは 「アートは人の数だけ答えがある」 「特別な道具や知識がなくてもできる」 「自分の世界とほかの人の世界は違うことを感じてみよう」 など、様々なメッセージが発信されました。 参加者の皆さんからは「普段使わない頭の場所を使いました」「難しかったけど面白かった」など 感想をいただきました。 「えどがわBOXART展」には、 ①ボックスアートを作りながら自分自身を考える ②他者の作品を見ながら他者のいる世界を知る ③展示されたボックスアートを持ち帰り、他者の世界感を感じてみる というコンセプトがあります。 皆さんも、世界には"自分以外の他者がいる"ことを感じてみませんか。 ☆現在、「えどがわBOXART展」開催中です!(12月18日まで) https://edogawa-bunkacenter.jp/calendar/2022/11/053533.html ...

  • えどがわBOXART展
  • ボックスアート
  • 日比野克彦

2022年11月20日

  • えどがわBOXART展
  • ボックスアート
  • 日比野克彦

2022年11月20日

えどがわBOXART展

日比野克彦 ワークショップ2022<Vol.1>ダイジェスト動画

【「第2回 えどがわBOXART展 関連イベント<日比野克彦 ワークショップ2022>  ~自分とはなにかを考える~」Vol.1の様子をダイジェスト動画にしました】 2022年9月17日に開催した「第2回 えどがわBOXART展 関連イベント<日比野克彦 ワークショップ2022>  ~自分とはなにかを考える~」のダイジェスト動画です。 ぜひご覧ください。 ⇒こちらから ☆現在、「えどがわBOXART展」開催中です!(12月18日まで) https://edogawa-bunkacenter.jp/calendar/2022/11/053533.html...

  • えどがわBOXART展
  • ボックスアート
  • 日比野克彦

2022年11月20日

  • えどがわBOXART展
  • ボックスアート
  • 日比野克彦

2022年11月20日

えどがわBOXART展

【イベントレポート】日比野克彦 ワークショップ2022(9/17)

【「第2回 えどがわBOXART展 関連イベント<日比野克彦 ワークショップ2022>  ~自分とはなにかを考える~」 の様子をご紹介いたします】 昨年好評を博した公募展覧会「えどがわBOXART展」。 今年度も継続して第2回を行います! 作品を募集するにあたり、企画・監修するアーティストの日比野克彦さんを講師に迎え、 <自分とはなにかを考える>をテーマに、ワークショップを行いました。 まず、会場に置かれた1枚の大きな白い紙を「ボックスアート」と捉え、 そこに置きたい「モノ」を参加者それぞれが考えます。 そして文化センターの周りで拾ってきた「ナニか」を 想像力を働かせ、ボックスアートの中に置いていく・・・という内容でした。 参加者の皆さんからは「共同作業が楽しかった」「普段、考えないようなことを発想した」などの 感想をいただきました! 「えどがわBOXART展」には、 ①ボックスアートを作りながら自分自身を考える ②他者の作品を見ながら他者のいる世界を知る ③展示されたボックスアートを持ち帰り、他者の世界感を感じてみる というテーマがあります。 発想力を奮わせて作品を作り、応募してみませんか? ☆作品エントリー募集中! 11月19日から始まる展覧会に向けて、公募作品のエントリーを受付中です。 https://edogawa-bunkacenter.jp/calendar/2022/09/052911.html ...

  • えどがわBOXART展
  • ボックスアート
  • 日比野克彦

2022年09月28日

  • えどがわBOXART展
  • ボックスアート
  • 日比野克彦

2022年09月28日

えどがわBOXART展

「第1回えどがわBOXART展」ワークショップと表彰式の動画

2021年12月5日(日)に行われました 「第1回えどがわBOXART展」のワークショップと表彰式の ダイジェスト動画ができました! 是非ご覧ください。 第1回えどがわBOXART展のワークショップ 表彰式 ...

  • BOXART展

2022年02月20日

  • BOXART展

2022年02月20日